返回列表 回復 發帖

dolcegabbanaja.asia-ドルチェ&ガッバーナ 店舗11575054

 今まで、僕に向けて強力な魔法を使う奴なんて存在しなかった。 単純に僕を殺す為に放たれた魔法に寒気を覚える。ドルチェ&ガッバーナ 靴
 第四射、真空の魔法が室内に放たれる。室内は誓子の周りを除いて真空状態になり、見えない刃が僕を切り裂く。
 おいおい、これって風の最上級の魔法じゃないか。 密閉された室内でこの魔法を受けて生き残れるのは同様に風の魔法が使えないといけないとか言う魔法だぞ。ドルチェ&ガッバーナ ベッカムカーゴ
『ここまでやっても無傷とは……』 真空状態では声が伝わらないのを察して誓子は魔法で言語を飛ばしてくる。
「死んだ振りは効きませんよ」「チッ!」 僕は破片を集めて自分を再構成させた。「や、やはり生きていましたか!」 今、驚かなかったか? いや、それよりもどうにかしてここを潜り抜けなきゃいけない。耐性面以外、僕はただのスライムも同然。誓子が放つ障壁を貫ける魔法を見繕って反撃する事もできない。 どうする? 手段が無い訳では無い。 相手のスタミナ切れを狙う。 だけど何時終わるか知れない魔法を立て続けに受け続けるというのとほぼ同意義。 それに魔法を受けて痛くない訳は無い。現に今でも体中がヒリヒリと痛みが走り続けている。 だけどここで痛がっていても何も始まらない。 昔、部隊の戦友に拷問を受けたときは痛がってはならないと注意された。 人間の姿の時もそれを守って、手足を跳ね飛ばされた時も痛みを堪えた。 気が狂うかもしれない痛みだったけど、こうして耐える事が役に立つときがある。 スライムである事がマイナスになるというのも知った。http://www.dolcegabbanaja.asia『一方的に攻めているのに並の魔法使いでは勝てないでしょうね。貴方と戦ったら』 負けもしないと思うけどな。ドルチェ&ガッバーナ 店舗 一瞬で風の魔法は消え去り、室内に酸素が戻ってくる。 僕はその隙を狙って誓子の懐まで接近、至近距離から火の魔法を放つ。ドルチェ&ガッバーナ 靴「おっと」 誓子の魔法の壁が僕の魔法を散らす。 くそ……。「ま、こっちも切り札を使わせていただきましょう」ドルチェ&ガッバーナ 直後、誓子は僕にこれでもかとう程様々な魔法を撃ち放った。 火、風、水、土、爆裂、氷結、重力、病原、マグマ。ありとあらゆる魔法が僕の身体に命中する。黒の法衣と言えど万能ではない。防ぎきれる限界や苦手な魔法は存在する。 ゼリーを叩き潰したような音と共に僕の身体は千切れ、尚執拗に魔法が降り注いだ。「……」 誓子は室内に飛び散る僕の破片に目を向ける。
Related articles:

  
   http://www.yd666666.com/forum.php?mod=viewthread&tid=7570
  
   http://rappan.sakura.ne.jp/blog/2011/08/09-102911.php#comments
  
   http://www.indiainfohelp.com/my-forum?func=view&catid=13&id=270709#270709
返回列表